いつも心に憲法を

わたしたちは日本国憲法をまもりたい

*

国民って誰だ

 

この記事は約 2 分で読めます。

5a1bcc6190ac35e7be27b8c4baee495f_s

日本国憲法第10条は、次のように定められています。

日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

この規定は「第3章 国民の権利及び義務」の中の最初に書かれているものです。そうすると、憲法で保障される権利(≒基本的人権)は、法律に決められた日本国民要件を満たしている人だけのもの、という読み方もできそうです。

でもちょっと待ってください。人権って、人が生まれながらに持っている権利ではなかったでしょうか。それとも、日本国憲法は、日本国民以外の人権は保障しない、しかも日本国民であるかどうかは法律で決めればよい、という態度なのでしょうか。

この問いに対して、憲法の表記に答えを求める考え方があります。
憲法の人権保障に関する条文を見ると、「国民は」、「すべて国民は」と書いてあるものと、「何人(なんぴと)も」と書いてあるものがあることに気付きます。そこで、「国民は」と書いてある人権は日本国民のみに保障され、「何人も」と書いてある人権は日本国民のみならず外国人にも保障されるのだ、とする考え方です。

なるほど、これは分かりやすい考え方ですね。

しかし、この考え方は通用していません。
例えば、この方法でいくと、憲法22条2項に、

何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

と書いてあることから、「外国人が日本国籍から離脱する自由」を保障するという矛盾を生じてしまいます。

簡単なものや分かりやすいものには、落とし穴があるものです。

そもそも、国家の三要素として、「領域(領土・領海・領空)」「国民」「主権」があります。国家の構成要素である国民の範囲を定めることは、ある意味で当然のことです。移民を含めて緩やかに国籍を認める国もあれば、国籍認定が極めて制限的な国もありますが、いずれにせよ、何をもって「国民」というかのルールがあるわけです。

しかし、そのことと、誰が人権享有主体となるか、逆に言うと、誰の人権であれば侵害したり、制限したり、剥奪したり、保障しなかったりしてもよいかということは、次元の違う問題です。日本国籍を持たない外国人であっても、権利が保障されるか否かは、その権利の性質によるということになっています。憲法の文言上の違いは、あまり意味がないとされているわけです。

でも、こういう考え方をどうしても受け入れがたいって思う人もいるでしょうね。それも近年増えているようにも思います。何で外国人の権利なんか保障する必要があるんだって。こういうことを聞くと、鎖国とか島国とかムラ社会とか、そういうキーワードが連想されますが、どこか理性では割り切れないような意外と奥の深い問題が潜んでいるのかも知れないと、思わなくもありません。

 - 第3章 国民の権利及び義務 , ,

  関連記事

国歌斉唱と不起立ーアメリカの場合

先日、NFLフォーティーナイナーズ(49ers)のクォーターバック、コリン・キャ …

将来の夢は何でしたか

もうすぐ七夕ですね。 みなさんも七夕飾りの短冊に願い事を書いたことがあると思いま …

好きなところに行けるということ

 「この世界の片隅に」というアニメーション映画が話題になりました。戦時下の広島・ …

1票の格差と民主主義

第24回参議院議員通常選挙が終わったと思ったら、東京では都知事選挙が始まりました …

こころは自由だ

「人間は考える葦である」 フランスの哲学者パスカルの言葉として知られています。 …

天皇機関説事件の行く末

義務教育の社会科の教科書にも書いてあると思うのですが、「天皇機関説事件」をご存知 …

刑法は自由を守る

刑法には自由を保障する機能があります。 そう聞くと、 犯罪者を取り締まることで、 …

愛を強要する国

今年はオリンピックイヤー。リオデジャネイロ・オリンピックもあと1か月あまりで開会 …

マスコミを懲らしめるって、誰が?

このブログではまだ表現の自由とか報道の自由について取り上げていませんが、先ごろこ …

参政権とお金の問題

様々な理由で自己破産をしなければならなくなってしまった方から相談を受ける際に、 …